みんなで作る空港100周年記念アート作品

「千歳市 空港開港100周年の記念」として千歳市ならびに千歳トラベル実行委員会様からご依頼をいただき、アーティストNojiの協力の元、参加型ワークショップを実施しました。100人を超える子ども達が参加してくれて、子どもはもちろん親御さんも楽しんでいただけたワークショップでした!

今回の作品は千歳市の至る所で展示されます。最新ニュースなどは千歳市空港開港100周年特集サイトよりご確認ください。
<千歳空港開港100周年特集サイトはこちら

イベント動画は以下より↓↓

千歳市役所、千歳トラベル実行委員会の皆様ご協力ありがとうございました!
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

 

円筒のガラスに描く風神と雷神

 

2024年3月11日~15日に東京ビックサイトで行われた、建築・建材展2024にて宮吉硝子株式会社様のブースにてアーティストGOSPELがライブペイントを実施しました。ガラスの円筒という特殊な場所への制作ということで難しい面もありましたが、そんななかGOSPELによる下書きなしの制作は多くの人の目を奪い足を停めました。

制作のタイムラプス動画はこちら

円筒のガラスということで神秘的な作品になりました!
ご依頼いただいた宮吉硝子様、見に来てくださった皆様ありがとうございました!

千歳市 空港100周年を記念する公開アート制作

 

「千歳市 空港開港100周年の記念」として千歳市ならびに千歳トラベル実行委員会様からご依頼をいただき、壁画アーティスト「Kensuke Takahashi」が千歳の未来を大きなキャンバスに描きました。当社としては、北海道でアートを体感できる総合アートイベントNorth Art Garageとして小学生対象のアートワークショップも同時開催いたしました。

制作には2つのテーマがあり、ひとつは千歳の未来を描くこと、もう一つは千歳に住む人たちが千歳の未来に希望を持ってもらうこと。
空港開港100周年ということもあり、1926年に千歳に初めて着陸した「北海」第一号と今の飛行機を描きました。また、千歳の広大な景色の中に幸せな家族を描き今の千歳の素晴らしさを表現しました。

今回の作品は千歳市の至る所で展示されます。最新ニュースなどは千歳市空港開港100周年特集サイトよりご確認ください。
<千歳空港開港100周年特集サイトはこちら

イベント動画は以下より↓↓

今回はイオン千歳店様のご協力の元、フードコート付近にて公開制作をしました。約2日間という短い期間でしたが、多くの方々が立ち止まって見ていただき”すごい”という声とあわせ「昔の千歳を思い出すきっかけになったよ」「千歳のことをこんな綺麗に表現してくれてありがとう」という声をいただき今回のテーマに沿った作品を届けられたと感じました。
ご依頼ありがとうございました!

【千歳市 空港開港100周年記念】ストリートアーティストによるアートイベントを3月8日~9日に実施

プレスリリース

【千歳市 空港開港100周年記念】
ストリートアーティストによるアートイベントを3月8日~9日に実施

北海道でアートを“体感”する総合アートイベント「North Art Garage」 第3弾!

ミューラル(壁画)アートを多角的に展開しているJAPAN AX PROJECT株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:山田 真史  https://www.axpjt.com/  )はこのたび、千歳トラベル実行委員会と共に、千歳市空港開港100年記念を記念するアートイベントを2024年3月8日~9日に実施することをお知らせします。
※本イベントは「千歳市空港開港100年記念関連事業補助金」を活用して実施いたします。

 

千歳空港開港100周年 記念イベントについて

千歳市は令和8年に空港開港100年を迎えます。それに関連し千歳市が公募する千歳市空港開港100年記念関連事業に採択され、今回のイベントを開催します。本イベントは、昨今日本でもトレンド化してきているミューラル(壁画)アートを描くストリートアーティストによる“アートを体感できる”企画を2つ実施します。
また本イベントは、当社で実施している北海道の総合アートイベント「North Art Garage」の第3弾として開催します。

<イベント概要>

千歳トラベル実行委員会によるイベント公式ページ

1:2DAYsライブペインティング
国内外で活躍するミューラル(壁画)アーティストであるKensuke Takahashiが巨大キャンバス(約H1820×W2730)に千歳の未来を連想させるようなアートをライブペインティングします。なかなか観る機会がない巨大なライブペインティングをお楽しみください。
日時:2024年3月8日(金)・9日(土)/10時~21時頃
※終了時刻は前後いたします。予めご了承ください。
場所:イオン千歳店1階 フードコート付近
(千歳市栄町6丁目51)

アーティスト
Kensuke Takahashi 
(アーティスト公式Instagramはこちら

横浜出身在住のペインター / 壁画家
確かな描写力・緻密なテクニック・現実を飛び越える自由な発想力で、あえて画風を決めずに描くスタイルで壁画や飲食店舗内壁面アート、企業や行政へのアートワーク提供やライブペインティングイベント出演等活動の幅を多岐に広げている。
近年では、大型の壁画制作として JR 横浜駅エキナカ・横浜吉田町・横須賀・町田・Pow!Wow!Japan神戸・マカオ等や、アートワーク提供として神奈川県啓発事業・横浜開港祭、横浜ワールドポーターズを手がける。

 2:参加型アートワークショップ
千歳市空港開港100年を記念するワークショップとして”過去”と”未来”をつなぐ飛行機を作るアートワークショップ。アーティストがデザインしたオリジナル用紙に一人ひとりが好きな色を塗り、自分だけの「北海」第一号(※)をつくります。その後アーティストの描く飛行機の台紙に作品を張り付け、大きな“未来の飛行機”をみんなで完成させます。
※1926年に千歳に初めて着陸した飛行機。ここからちとせの空港の歴史がはじまりました。
日時:2024年3月9日(土)/10時~12時・14時~16時(計2回)
※各回50名が定員となります。
場所:千歳市民文化センター
(北ガス文化ホール3階 視聴覚室)
要予約/参加費は無料となります。

アーティスト
Noji 野沢 宏志
(アーティスト公式Instagramはこちら
1989年北海道千歳市出身
Artist/STEAM教育実践者
幼いころから空想をテーマにした彩度の高い絵を描いていた。
世界を旅する婆様からの話や写真、民芸品や布などが日常にあったため自然と、世界の自然、民族、神、文化、哲学が好きになってゆく。岩見沢市で行われるJOIN ALIVEにて3年連続、空間装飾、ワークショップ、ライブペイントを行う。

塗料提供:ニッペホームプロダクツ株式会社
※当社は、ニッペホームプロダクツから廃棄となる塗料を提供いただきそれをアップサイクルしアーティストに提供することで、アーティスト支援とSDGsに配慮した活動をしています。
後援:千歳市

・令和8年に迎える空港開港100年

<以下、千歳市よりコメント>
千歳市は、空港の発展とともに成長してきており、その空港の原点は、大正15年10月22日、当時の千歳村の住民が勤労奉仕で無償の汗を流し、原野に1本の着陸場を造成し、小樽新聞社(現在の北海道新聞社)所有の「北海」第1号が着陸したことにはじまります。
先人たちが夢を託した一本の着陸場は、現在の航空自衛隊千歳基地や北海道の空の玄関口である新千歳空港へと変貌を遂げ発展してました。
令和8年に迎える空港開港100年の節目を契機に、歴史を再認識し、先人の偉業を地域の誇りとしてたたえるとともに、事に当たって一致協力する「スピリット・オブ・チトセ」の精神を継承し、郷土愛を育み、「空港があることの誇り」を後世へと伝え、この節目を次の100年に向けた、まちの更なる成長・発展につながるスタートラインとしたいと考えております。

・North Art Garage(ノースアートガレージ)

North Art Garageは、北海道でアートを“体感”する総合アートイベントとして2023年5月に江別蔦屋書店、2023年10月に芸森ワーサムで開催。国内外で活躍するアーティストによるライブペイントや本格的なアートワークショップなどアートを体感できる機会を提供しています。 

■JAPAN AX PROJECT株式会社( https://www.axpjt.com/ )

「アートは、人生を豊かにする。」 というビジョンのもと、2022年に立ち上がったアート事業のスタートアップです。
ミューラル(壁画)アートをオフィスや住宅、商業施設、また地域活性など様々なシーンの価値に落とし込む企画力をコアコンピタンスとして、DXと対となるAXを普及。ミューラルアートを企画から制作ディレクションまでをワンストップで行っています。

●概要
・会社名:JAPAN AX PROJECT株式会社
・代表者:山田 真史
・設 立:2022年9月
・事業内容:アート事業 企画コンサル業

■千歳トラベル実行委員会

千歳トラベル実行委員会は令和6年1月1日に、千歳市を安心安全で住みやすい元気なまちにしていくために、これまで育んできた伝統・文化、地域特性を活かしつつ、中心市街地活性化に関することや、賑わい創出のためのイベント、紙・WEB媒体・SNSでの発信、行政や各団体等との協働に関する事業等を行うため設立いたしました。

●概要
・団体名:千歳トラベル実行委員会
・実行委員長:高木 克祉
・設 立:2024年1月

■報道関係お問い合わせ先

JAPAN AX PROJECT株式会社 広報担当
E-mail: info@axpjt.com

ワークショップに関連するお問い合わせは千歳トラベル実行委員会までお願いいたします。

【地域活性×壁画アート】遊休不動産をミューラル(壁画)アートで別空間に生まれ変わらせる。不動産の社会課題をストリートアーティストが解決

プレスリリース

【地域活性×壁画アート】遊休不動産をミューラル(壁画)アートで別空間に生まれ変わらせる。不動産の社会課題をストリートアーティストが解決

遊休不動産の負の連鎖をアートの力で止める

ミューラル(壁画)アートを多角的に展開しているJAPAN AX PROJECT株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:山田 真史  https://www.axpjt.com/  )はこのたび、ミューラルアートを主軸に活動するアートプロデュース団体、BIHIND THE WALL(本社:神奈川県川崎市、代表:佐川 友星 )と業務提携契約を締結し全国にある遊休不動産の課題をミューラル(壁画)アートというコンテンツで解決する活動を開始することをお知らせします。

 

遊休不動産の課題とミューラル(壁画)アートの効果

商店街や街中に空き店舗が並んでしまうと活気がない印象を与え、その結果として遊休不動産が更なる遊休不動産を生むという負の連鎖がその地域の衰退を加速します。また、放置され続けることで建物の老朽化が進み安全性の課題が生まれる他、不審者による犯罪リスクが高まる可能性があります。
ストリートアートのひとつであるミューラルアートは壁主の許可の元、巨大な壁画を制作するアートです。視野いっぱいに広がるミューラルはその場所を新しい空間として生まれ変わらせる力があります。そして、その場所にポジティブな印象を植え付けることができます。
ミューラルは遊休不動産の課題を解決する方法としてベストな選択肢だと我々は考えています。

今回の業務提携ならび活動開始の背景
当社は、オフィスアートや商業施設での制作以外にもっとさまざまな場所でミューラルアートを活用できないかを検討、検証をしています。2023年のJR北海道の廃線跡地利活用プログラムへの採択や、様々な地域に実際に訪れているなかで、各自治体やエリアマネジメントを行う企業と、「地域×ミューラル」という文脈での会話が非常に増えました。

商店街はもちろん、赤字化している路線の無人駅や、さまざまな状況に起因し取り壊しが出来ない建物。日々会話をする中でいろいろな課題や活用の可能性がある「壁」の課題を聞きます。そして、これらはミューラルアートのもつ力によって課題解決出来るのではと考えました。

そうした中で、2022年8月〜2023年3月に BIHIND THE WALLが、神奈川県川崎市の平間銀座商店街の空き店舗活用したミューラルアートプロジェクト「Wallternatives」を実施。
パチンコ空き店舗である遊休不動産をミューラルアートの力で生まれ変わらせ、公共性のある文化交流の場を提供しました。このプロジェクトのノウハウを生かすこと、またミューラルアートはもちろんクリエイティブ力のあるBIHIND THE WALLと共創することで、遊休不動産×ミューラルアートが加速すると考え、今回の業務提携が実現しました。

Wallternativesとは
空き家となる空間を公共性のある場所として活用したミューラルプロジェクトを主催。アーティストのクリエイティブな活動発信地とし、 壁画をもって演出するほか、音楽やパフォーマンスを交えたイベントの開催、地元小学生との壁画ワークショップの実施、グッズ販売などアーティストと地域のコミュニティスペースとしても機能する。約7ヶ月のプロジェクト運営と壁画展を公開し、日本各地、さらには海外からのゲストも交え総勢50組以上のアーティストが参加。壁画展には700人以上の動員を記録。川崎市長の来訪や、メディア掲載も多数。

<Introduction video of Wallternatives>



今後の活動について
各自治体の方々と遊休不動産×ミューラル、地域活性×ミューラルという文脈で事例を作っていきそれを横展開していくことを最優先として考えています。また、遊休不動産をアーティストのギャラリーとして活用し、その後そこに企業誘致をするスキームを構築していくなど、地域の課題に対して遊休不動産を活用する新しい方法を、各地域の方々、ミューラルアーティストと会話を重ね展開していきます。

スポンサー企業、協賛パートナーの募集

遊休不動産に関わらず地域活性には様々なチャレンジが必要であり、生み出すことと継続させるための活動資金が必要となってきます。例えば、塗料に関してはニッペホームプロダクツ株式会社様より廃棄塗料を提供していただき、アップサイクルとしてアーティストに活用してもらうことを行っています。こういった支援により活動が成り立つ部分もあります。
今回の活動にご興味をもっていただいた企業、個人の方がいらっしゃいましたらご連絡をお待ちしています。是非一緒に遊休不動産の利活用を通じて地域活性に取り組んでいただけると幸いです。

・BIHIND THE WALL代表 ミューラルアーティスト/佐川 友星 コメント
15年以上のアーティスト活動をしている中で、全国で活動する素晴らしいアーティストたちに出会うことができました。ミューラルアートを基軸に活動するアーティストは常にその支持体となる「壁」を探し求めています。地域活性を目指しアーティストと地域事業者をマッチングすることで、アートと街が共存したコミュニティが生まれると感じています。
大きなミューラルアートは空間の印象を大きく変え、人々、時間とともに共有できる象徴的な存在になります。絵のもとにそれぞれの思いで人々が集い、楽しめる場所。
そんな場所をぜひ一緒に作れたら幸いです。



JAPAN AX PROJECT株式会社 広報担当
E-mail: info@axpjt.com

【2023年10月22日】リポビタンキッズ PLAYLOT by BørneLundとアートイベントを共同開催!

<イベント開催情報>

2023年10月22日(日)に北海道北広島市北海道ボールパークFビレッジ(エスコンフィールド)にあるボーネルンドが運営するリポビタンキッズ PLAYLOT by BørneLundにて壁画アート制作を体験できることも向けアートワークショップを開催します。

・場所:リポビタンキッズ PLAYLOT by BørneLund
(北海道北広島市Fビレッジ1  ES CON FIELD HOKKAIDO 1F FIELD LEVEL )
・日時:10月22日(日)11:00~12:30、14:00~15:30
※雨天の場合はイベント内容に変更があります。
・料金:1名様 1,500円(税込)
※PLAYLOT施設利用料が別途かかります。料金はページ下部に記載があります。
・駐車場:有料駐車場あり

<ご参加・ご予約方法>

事前予約と当日の参加の両方をご用意しています。先着30名(各回)となり、事前予約のお客様が優先となります。予めご了承ください。
※予約フォーム内に該当の日付が無い場合は、満席となります。
<事前予約方法>
Web予約はこちらから
電話予約はボーネルンド施設(TEL: 011‐398‐3267   )までご連絡くださいませ。

<イベント内容>

屋外ゾーン「アドベンチャー・フィールド」の壁に約10メートルの大きなキャンバスをつくり、そこにプロの壁画アーティスト「Natte(ナッテ」と一緒に絵を描くプログラムです。出来上がった大きな絵をみて、自分の気に入った部分をA4に切り取り額に入れて持って帰ることができます。
”大きな壁”に”プロのアーティストと一緒”に絵を描く、大きな絵をみてどこがお気に入りかを”自分で考える”という普段体験ができないことを気軽に体験することができるイベントとなっています。
<ご参加に関しての注意点>
塗料は水性塗料を使用します。衣服に付着すると取れなくなってしまいますので予め汚れてもいい服装でご参加ください。
付着防止のカバーはご用意いたしますが、完全に防止できるわけではございません。

※下記画像は他イベントでの実施風景となります

基本的には平らな床に対して絵を描きますが、壁画は直角な壁面に描くから難しいんです。
大きな可愛い絵が完成しました!
自分の気に入った場所はどこか見てみよう!
気に入ったらそこをA4サイズに切り取って額に入れてみよう!
世界にひとつだけのアートが生まれます!

<アーティスト情報>

Natte(ナッテ)

北海道出身。ドイツのバウハウスをモデルにしたSapporo School Of the Artsで五年間、基礎造形・芸術概論・グラフィックデザイン・建築設計を学び、その後個人事業主として独立。北海道を拠点とし、壁画制作やアートワークショップなど多岐に渡って活動。楽しくワクワクするプロセスを探しながら、自然と人、コトがあたたかく繋がることを念頭に制作活動をしている。

 

<リポビタンキッズ PLAYLOT 施設情報>

エスコンフィールドのライト側外野エリアにオープンする「リポビタンキッズ PLAYLOT by BørneLund」は、屋内と屋外のあそび場にボーネルンドショップとカフェを併設したボーネルンドの直営施設では最大規模となる床面積1,930㎡のあそび場施設です。カフェや世界のあそび道具が揃うショップもあり、雨の日や雪の日も、気温や天候を気にせず1日中家族でゆったり過ごせます。野球観戦の前のご利用はもちろん、週末や観光で一日めいっぱい楽しむ家族のお出かけにもおすすめです。

<施設情報>

・安全管理のため原則として保護者1名に対して、お子様3名まで入場が可能です。
・大人のみ、子どものみのご入場はできません。
※1 エスコンフィールドの試合日と非試合日では、大人料金が異なります。
※2 「1DAYパス」は、規定枚数に達し次第、販売を終了します。
※キドキド120分ご利用券はご利用いただけません。
※料金内容や販売パスは予告なく変更となる場合があります。

詳細は公式HPをご確認ください
公式HPはこちら

 

 

 

2023年10月17日更新

【2023年10月14日/15日】GEIMORI FUN FORESTを開催!

<イベント開催情報>

2023年10月14日(土)15日(日)に北海道札幌市南区にある総合アウトドア施設「芸森ワーサム」にてアートと食と音楽を現体験できるイベントを開催します。

・名称:GEIMORI FUN FOREST
・場所:芸森ワーサム
(北海道札幌市南区芸術の森3丁目)
・日時:
10月14日(土)10:00~16:00、18:00~20:00
10月15日(日)10:00~16:00
※雨天の場合はイベント内容に変更があります。
・駐車場:あり(芸森ワーサム内、約50台、芸術の森有料駐車場から徒歩10分)

<企画内容の一例>

・壁画制作(ライブペイント)
・キッズ壁画アート体験
・オリジナルアート木箱制作、食育イベント
・新鮮野菜マルシェ
・フィールドミュージック
・なまらグルメプロデュースキッチンカーブース
・ポートレート撮影会
・芸森スタジオ見学
・ワイヤーアート


<14日夜限定コンテンツ>
・カラーたいまつ制作、探検(DEN’s Project)
・ナイトミュージック&ライブペイントパーティー

<各種予約に関して>

宿泊予約、テント予約、ポートレート撮影会については芸森ワーサムまでお電話の上ご予約ください。
芸森ワーサム予約電話番号:011‐558‐1770

★アートワークショップについてはこちらよりご予約ください★


<参加アーティスト情報>

フィールドミュージック

10月14日(土)

タイムスケジュール

12:00~12:30:佐藤 大樹
13:00~13:30:Thank you sun scene
14:00~14:30:久保田れな
15:00~15:30:未定

佐藤 大樹

1986年10月8日 北海道札幌市発寒生まれ。
A型とは思えないほどの集中力の無さと長男とは思えない経済力。初対面の人には必ず「どこかで会いしました?」と言われるほど特徴のないルックスと名前。しかし、性格は優しく手先がとても器用。トレードマークの蝶ネクタイは毎回のライブ前に自作するほど。最近では趣味の範囲を超えて物販でも販売するほどの人気がある。
生活の中から生まれる[喜怒哀楽]にスポットをあて、叙情的な歌詞とハートウォーミングなメロディ、コミカルなトークが魅力。

Offical web site

Thank you sun scene

札幌で活動する男性ギターデュオ。シンプルだが2人が織りなすハーモニーは心地よい空間をつくりあげる。

久保田れな

北海道を拠点にフリーで活動中のシンガーソングライター。
元々は札幌の劇団に所属、そこを退団し上京。その後オーディションを受け続けるもなかなかうまくいかず、「最後に」という思いで北海道でのアイドルオーディションを受けてみたところ合格し1年ほど活動。
グループをやめた後も「急にアイドルを辞めることになり、ファンにも申し訳ない」という思いでソロでのアイドル活動をしばらく継続。その中で、元々好きだった“音楽”にのめり込んでいき、ギターを購入し独学でシンガーソングライターの道を歩き始める。以降、札幌を拠点に積極的にライブ活動を行い、地元テレビ局の深夜番組にタレントとして出演、舞台演劇にも出演するなど、役者としても活動。現在はライブハウスから、YouTube・ツイキャスなどでの生配信ライブを中心に活動を展開中。歌声はややハスキーさをはらんだ温かみの強い歌声で、なんとも言えない感情的な響きをもって耳に届く。そんな歌声が魅力的なシンガーソングライターだ。

10月15日(日)

タイムスケジュール

11:00~11:30:葉緑体クラブ
12:00~12:30:Wingrass(第1部)
13:00~13:30:Chima
14:00~14:30:isobeck!
15:00~15:30:Wingrass(第2部)

Wingrass

2005年結成、アメリカ南部の伝統的な音楽「Bluegrass(ブルーグラス)」を演奏する。
すすきののカントリーPUB「ANYWAY」の定期ライブでキャリアを積み、ANYWAY閉店後も主に札幌近郊のライブハウス・イベントなどに出演。ブルーグラス特有の軽快で陽気なサウンドを届けます。

 

Chima

大阪生まれ、札幌在住。
幼少期をドイツ、アメリカで過ごす。 高校の修学旅行で訪れた北海道の空に感動し、北海道の大学に進学し、移住。 在学中に音楽活動を始め、ミニアルバム『そらのね』をきっかけに全国ツアーを開始。 現在はアニメやゲームの主題歌、映画音楽の制作、挿入歌、CM歌唱、 他アーティストへの楽曲提供、ラジオパーソナリティーなど活動は多岐にわたる。 自身のワンマンライブや動画制作、絵本やMVの制作も行い楽しく活動中。 映画監督岩井俊二とギタリスト市川和則 (羊毛とおはな) とのアコースティックユニッ ト “ ikire (イキレ) ”や同じ札幌在住のトラックメーカーtuLaLa (ツララ)とのエレクトリックポップユニット “ Socca (ソッカ) “としても活動中。

Offical web site

葉緑体クラブ

北海道は札幌で活動中の3ピースバンド。 2014年から現在の体制で活動を始め、地元札幌を中心に精力的な活動を行っている。ポストロック的な演奏と美しいメロディーを融合させたサウンドが持ち味。年齢性別問わず幅広い層から支持されている。楽曲の作詞曲を担い、中性的で純粋な歌声のGt.vo佐々木アユミ、リズミカルでアグレッシブな個性的フレーズを奏でるBa.今泉なつみ、アメリカで生まれ育ち、繊細かつアグレッシブ、よく練られたフレーズ演奏をする、Dr.エミリオの3人で構成されている。

Offical web site

isobeck!(磯部和宏)

2002年ごろ札幌はススキノ近くのライブバー「馬賊」のマンスリーライブに出演するブルースバンドとして結成されたスモゥルフィッシュのVo,Gt。札幌をメインに道内各地で弾き語り、また様々なライブを企画(滝野の森サマーフェスティバルなど)。
ギターリストとしてもライブやレコーディングに参加。(甲斐名都、LITTLE(KICK THE CAN CREW)、SACONなど)

スモゥルフィッシュOffical web site

壁画制作(ライブペイント)

タイムスケジュール

14日(土)
10:00~12:00/13:00~16:00/18:00~20:00
15日(日)
10:00~12:00/13:00~16:00

※状況によりアーティストが制作場所を
一時離れるケースがございます。
※最終仕上げは別途16日に行います。

YUSEI SAGAWA

1986年生まれ、福島県福島市出身。東京・神奈川を中心に活動。
10代後半にグラフィティ・ストリートアートに影響を受け表現の道を歩む。フリースタイルを重視したライブペインティングでスキルを磨き、和・自然と都会的なイメージを融合したアブストラクトなスタイルで描く。同時に、コマーシャルデザインのアートディレクター・デザイナーでもあり、大手企業の広告等を多数手がける。 また、アート集団「輪派絵師団」の一人としての顔も持ち、多くのアートワークを手がける。

unomori

理系大学卒業後、独学で作家活動をスタート。
ストリートアートと出会いクラブやライブハウスでのライブペイントパフォーマンスを行い徐々に活動の幅を広げていく。
緻密な細密画を得意としながらも、技法に囚われずに大胆なペイントやシルクスクリーンを取り入れるなどし作風は日々アップデートしている。現在では媒体を選ばず、作品制作、壁画、ライブペイント、ボディーペイントをはじめ、メディアやアパレルなどにイラスト提供するなど活動の幅は多岐にわたる。2017年には「THE YELLOW MONKEY」の25th記念グッズのイラストを務め、2018年にはニューヨークで開催された展示に作品を出展した。

キッズ壁画アート体験

14日(土)
10:00~12:00/14:00~16:00
15日(日)
10:00~12:00/14:00~16:00

LUISE ONO

1989年生まれ。神奈川県平塚市出身。
“成長”をテーマに、植物の生い繁る様や波の流れ、自然界に溢れるエネルギーを有機的な線で表現している。
2010年、クラブイベントでのライブペイントにてキャリアをスタート。現在は店舗内外への壁画や企業・行政とのコラボレーションを経て、壁画フェスティバルPOW!WOW! JAPAN ・TAIWAN・ HAWAII・LONG BEACHへ参加、そしてららぽーと湘南平塚や高知蔦屋書店、清福寺への壁画等、現在は積極的に大型の壁画制作を行っている。

オリジナルアート木箱制作

14日(土)
11:00~12:00/13:00~14:00(各組15名)
15日(日)
11:00~12:00/13:00~14:00(各組15名)

Natte(ナッテ)

北海道出身。ドイツのバウハウスをモデルにしたSapporo School Of the Artsで五年間、基礎造形・芸術概論・グラフィックデザイン・建築設計を学び、その後個人事業主として独立。北海道を拠点とし、壁画制作やアートワークショップなど多岐に渡って活動。楽しくワクワクするプロセスを探しながら、自然と人、コトがあたたかく繋がることを念頭に制作活動をしている。

アートモチーフ制作

14日(土)15日(日)随時会期中に制作します

Majio

青森県弘前市出身の絵描き。
ドローイングをベースに、ライブペイント、版画、映像作品、デザイン、演出など、表現活動は多岐にわたる。特定の手法やジャンル、場所に傾倒することなく、自身の核から沸き上がる感覚に忠実な表現を続けている。1万人近い集客を記録した「ミナカダ祭」(青森の名湯・薬研温泉400年記念祭)での総合演出・プロデュース。
10mにも及ぶ2つの大作ごと、全国各地を旅しながら製作・発表した個展「Layered Tripper」、サマーソニックや春風フェスへのオブジェ提供、自身と縁深い温泉地の路地を、ワークショップで制作された600匹の魚作品で飾る「シブニウミガ展」、大畑八幡宮渡御の行列300周年記念祭のプロデュースなど、近年、地域や歴史を巻き込みながらストーリーを作りあげる総合的な活動も増えている。

2023年5月に実施したミューラルアート制作
in芸森ワーサムの様子

2023年10月12日更新

【地方活性×アート】こどもと高齢者を繋ぐ参加型アートプログラムを実施

プレスリリース

【地方活性×アート】こどもと高齢者を繋ぐ参加型アートプログラムを実施

福祉施設で行う、こどもから高齢者の皆の想いで積上げる「家」のオブジェを制作

ミューラル(壁画)アートを多角的に展開しているJAPAN AX PROJECT株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:山田 真史  https://www.axpjt.com/  )は、この度、江別市生涯活躍のまち2023年度交流事業で行う参加型アートプログラムにて協力会社としてアート企画の立案から制作ディレクションまでを行います。
JAPAN AX PROJECTは様々な業種や業界との連携による「地方活性×アート」の実証実験を行っていきます。

地方活性×アートについて
JAPAN AX PROJECTは北海道札幌市を本社としミューラル(壁画)アートを通じ、様々な価値を提供している会社です。そして、各自治体や地域の人の声から地方活性にアートが生かせると仮説し検証をしています。
 今回、ココルクえべつ外部コーディネーターである、一般社団法人SAPPORO PLACEMAKING LABOの代表の林 匡宏さんよりこどもと高齢者を繋ぐ方法としてアートを活用したいというお話をいただき、今回の取組みが開始しました。
 アートはこどもも高齢者も関係なく、様々な人の心をつかむモノであり、アートがこどもと高齢者のコミュニケーションの懸け橋になるということを今回の取組みを通じて実証したく協力させていただくことを決めました。

江別市生涯活躍のまち2023年度交流事業/参加型アートプログラム
今回の取組みの主催であり開催場所であるココルクえべつはつしま医療福祉グループが運営している北海道江別市大麻にある総合施設です。
 地域共生型社会の実現を目指すココルクえべつには、パン工房やレストランなどと併せて、特別養護老人ホームや高齢者向け住宅と介護老人保健施設などもあり、それらを利用する高齢者と、地域のこども達の新しい接点を生み出すために今回の参加型アートイベントが開催されます。

・今後の取組みについて
地域活性において、こどもと高齢者の関係値向上は必要な一要素だと考えています。今回の取組みの結果に応じて、他エリアへの横展開も考えていきます。
 また、一般社団法人SAPPORO PLACEMAKING LABOと連携し、持続的に活動ができる仕組みづくりをサポートしていきます。今回のアートプラグラムを起点とし、様々な地域課題に連動させながら街中にアートが溢れている仕組みづくり構築が出来ればと考えています。

・今回の参加型アートプログラムの概要
こどもの「やってみたい」や高齢者の「やってみたかった」その一つ一つを北海道遺産のひとつである江別のレンガに見立てて、皆の想いが積み上がった「家」のオブジェを日本で活躍するアーティストと作ります。
 家のベースをアーティストが作り、色とりどりのレンガサイズの木板にそれぞれの夢を描きアートホームを作り上げていくプログラムになります。こどもと高齢者が一緒に作り上げるアートホームはその場所の関係値を高めると考えます。
 ●今回と類似した制作事例
 長野県渋温泉で行われたインスタレーション。ウロコ部分を地元住民に自由にペイントしてもらい、バランスを見ながら配置。頭部や細部はアーティストがペイント。野外に3ヶ月展示。

※copyright MAJIO

・日時概略
 2023年8月2日~8月31日の間にこどもの「やってみたい」と高齢者の「やってみたかった」を集め、8月21日~23日の間にアーティストが現地に訪れオブジェを制作し、9月11日に仕上げ作業体験を行います。
※アーティスト制作時間は21日15時くらい~23日14時くらいを想定
※期間内には、色塗り体験などもあります。
 ・場所
 江別市生涯活躍のまち「ココルクえべつ」 北海道江別市大麻元町154
 ・協力
 株式会社創伸建設、一般社団法人SAPPORO PLACEMAKING LABO
 ・塗料協賛
 ニッペホームプロダクツ株式会社

・アーティスト
MAJIO

ドローイングをベースに、ライブペイント、版画、映像作品、デザイン、演出など、表現活動は多岐にわたる。特定の手法やジャンル、場所に傾倒することなく、自身の核から沸き上がる感覚に忠実な表現を続けている。1万人近い集客を記録した「ミナカダ祭」(青森の名湯・薬研温泉400年記念祭)での総合演出・プロデュース。10mにも及ぶ2つの大作ごと、全国各地を旅しながら製作・発表した個展「Layered Tripper」、サマーソニックや春風フェスへのオブジェ提供、自身と縁深い温泉地の路地を、ワークショップで制作された600匹の魚作品で飾る「シブニウミガ展」、大畑八幡宮渡御の行列300周年記念祭のプロデュースなど、近年、地域や歴史を巻き込みながらストーリーを作りあげる総合的な活動も増えている。

JAPAN AX PROJECT株式会社 広報担当
E-mail: info@axpjt.com

SAPPORO Incubation Hub DRIVEの3周年イベントにゲスト参加してきました

2023年7月27日に、北海道札幌市にあるコアワーキングスペース「SAPPORO Incubation Hub DRIVE」の3周年イベントで当社代表の山田がゲスト参加してきました。アートブースで当社の事業の話やざっくばらんに今後のアートについて参加者とブレストをしてきました。

【地方活性×壁画アート】アートのある調剤薬局プロジェクトがスタート

プレスリリース

【地方活性×壁画アート】アートのある調剤薬局プロジェクトがスタート

子供も大人もみんなが行きたくなる新しい調剤薬局を北海道札幌市から発信

ミューラル(壁画)アートを多角的に展開しているJAPAN AX PROJECT株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:山田 真史  https://www.axpjt.com/  )は、このたび、北海道手稲区でひつじ薬局を運営している株式会社PHARMA PORT(本社:北海道札幌市、代表取締役:淺石大輝 以下、PHARMA PORT社 )の協力の元、アート×調剤薬局をテーマに新しい調剤薬局の価値を提供していきます。
JAPAN AX PROJECTは様々な業種との連携による「地方活性×アート」の実証実験を行っていきます。

アート×調剤薬局について(これから必要とされる薬局とは)
JAPAN AX PROJECTは北海道札幌市を本社としミューラル(壁画)アートを通じ、様々な価値を提供している会社です。そして、各自治体や地域の人の声から地方活性にアートが生かせると仮説し検証をしています。
そんな中、縁がありPHARMA PORT社の淺石代表と知り合い、調剤薬局の現状について様々聞かせていただきました。令和元年度は約6万店舗とコンビニより多いと言われている調剤薬局が患者にとってはどこでもいい、数の割にそこまで必要とされているのかという疑念が生まれ、“調剤薬局として責務を果たしつつもただ薬を渡す場所以上の存在でありたい” ”地域の方々が気軽に健康のことを相談出来たり、病気になっていなくても行きたくなったり、そして、癒される、楽しめる場所としての薬局をつくっていきたい。“という想いに大きく共感をしました。

当社の活動のなかで、ミューラルアートやライブペイント、アートワークショップは子供やご年配の方から支持されておりその価値の多角的な提供方法の模索、また異業種との連携による地方活性を検証していくという目的とPHARMA PORT社の実現したい事が合致したため、今回アート×調剤薬局がスタートしました。

・アート×調剤薬局 第1弾イベント
ひつじ薬局は、新しい場所づくりの一環として野菜の直売などを薬局で行っています。その場所づくりのコンテンツのひとつとしてアートワークショップをひつじ薬局で行います。
その第1弾として、2023年8月5日(土)にひつじ薬局手稲店にて北海道を拠点としているアーティスト「Natte」による子供向けの2種類のアートワークショップを開催します。

●日時
2023年8月5日(土) 13時30分~16時
※時間について多少の前後はございます。
※雨天の際は8月19日(土)同時刻で行います。
●場所
ひつじ薬局手稲店 北海道札幌市手稲区稲穂2条7丁目4−1
※当日薬局の駐車場が使えないため、ご来場の際は公共機関をご利用ください
●アートワークショップコンテンツ
”現役アーティストと一緒に楽しくアートに触れてみよう”
・駐車場にチョークで迷路を描いてみよう
・タペストリーにアーティストと一緒に木を描こう
※その他、キッチンカーや野菜の直売、調剤体験なども行います。
●アーティスト
Natte(ナッテ)

北海道出身。ドイツのバウハウスをモデルにしたSapporo School Of the Artsで五年間、基礎造形・芸術概論・グラフィックデザイン・建築設計を学び、その後個人事業主として独立。
北海道を拠点とし、壁画制作やアートワークショップなど多岐に渡って活動。楽しくワクワクするプロセスを探しながら、自然と人、コトがあたたかく繋がることを念頭に制作活動をしている。

・今後の取組みについて
ひつじ薬局でのアートワークショップは定期的に開催を予定しています。またアートのある調剤薬局という側面より手稲店や今後展開していく店舗の壁面に対してミューラル(壁画)アートを描いていきます。
JAPAN AX PROJECTとしてはこの取組みを様々な異業種での横展開を模索しアートを活用した地方活性を目指してまいります。
共同リリースのため、重複して配信される場合がございます、あらかじめご了承ください。

・株式会社PHARMA PORT
2023年より北海道札幌市にて調剤薬局事業を展開するスタートアップです。「調剤薬局の在り方を変える」をテーマに、質の高い医療サービスの提供を軸として、地域活性イベントや業態MIX、他業種とのコラボ等、様々な取り組みを実践しています。
●概要
・代表者: 淺石 大輝
・設 立: 2023年03月
・事業内容: 調剤薬局運営

・報道関係お問い合わせ先

JAPAN AX PROJECT株式会社 広報担当
E-mail: info@axpjt.com